ARTISTS

参加アーティスト詳細

夢のなかの世界と現実との往来

KAMIJO Mika

南信

カミジョウミカ

絵画・ミクストメディア

WORKS & COMMENT

作品&コメント

《ポンプみたいなシンゾウ》2017年

《ポンプみたいなシンゾウ》2017年

Read in English Text

I create my abstract paintings rendering the world of fantasy after themes of dreams while sleeping.
Sometimes I utilize motifs which suddenly pop into mind while I am going about my daily life, doing things like eating or taking a bath. Currently, somehow, the internal organs of human beings became the motifs of my paintings. I “process” these motifs in my own way, sometimes “crunching,” sometimes “kneading” them to create my artworks. Except for internal organs, numerous ineffable “scenes,” objects and shapes, well up in bubbles in my paintings, all of which are the “dramatis personae” in my dreams. I would like to continue depicting my original world in my paintings.
《六十五本の指をなめらかに》2016年

《六十五本の指をなめらかに》2016年

《細胞核なんだって》2016年

《細胞核なんだって》2016年

《左肺に写る人影はまばゆい》2018年

《左肺に写る人影はまばゆい》2018年

《右肺に写る人影は美しい》2018年

《右肺に写る人影は美しい》2018年

Profile

プロフィール

カミジョウミカ

カミジョウミカKAMIJO Mika

絵画・ミクストメディア

1977
長野県安曇野市穂高生まれ
長野県立松本筑摩高校卒業、19歳のときに先天性骨系統疾患のため入院していた病院のスタッフの顔をデフォルメして独学で描き始める。安曇野市穂高在住。

AWARD

おもな受賞歴

1998
長野オリンピックアートパラリンピック公募展街かど賞
2002
第9回「アート村・夢のデザイン大賞」ハートフル賞
2013
産経新聞はばたけアート公募展2013優秀賞
2014
第14回全国障がい者芸術・文化祭とっとり大会国際障がい者アート展最優秀賞
2016
2016FISサマーグランプリジャンプ白馬大会ゼッケンデザインコンペ原田雅彦賞
2017
第20回長野県障がい者文化芸術祭最優秀賞(長野県知事賞)、SOMPOパラリンアートカップ2017グランプリ

RELEASE

おもな作品発表歴

2010-2017
アート・クラフトフェスティバル in 安曇野(豊科近代美術館/安曇野市)
2012-2015
肢体不自由児・者の美術展(東京芸術劇場展示ギャラリー/東京都)
2013
アジア・パラアート展(東京芸術劇場展示ギャラリー/東京都)
2013-2017
ビックアイアートプロジェクト入選作品展(韓国、東京、横浜、大阪)
2014
カミジョウミカ展(公益社団法人笹川平和財団ホール/東京都)
2015-2018
FLAT展(港区元麻布ギャラリー/東京都、象の鼻テラス/神奈川県、横浜市)
2016
ザワメキアート展(ホクト文化ホール/長野市、茅野市美術館/茅野市、銀座NAGANO/東京都)
2017
ゆかいヨーカイ別世界 カミジョウミカ展(諏訪市原田泰治美術館/諏訪市)
2018
カミジョウミカ展(株式会社市民タイムス安曇野支社30周年記念/安曇野市)

COMMENTARY

学芸員の解説

Read in English Text

Comings and Goings between the World of Dreams and Reality

“I want to draw a world full of fun where viewers can let slip a chuckle.”
KAMIJO Mika keeps drawing energetically with this desire in mind. She was diagnosed to be suffering from congenital bone disease, fallen sick from joint dislocation at three months of age. Even now she lives her life in a wheel chair fighting against the pain. She was spurred to draw while she was in a hospital, located in Shimosuwa-cho, Suwa-shi. At that time, she drew a portrait of a staff worker in the hospital. Twenty years has passed since that pivotal moment. She has continued to draw in her home studio, while doing her best to deal with her physical condition.
She has received awards at various art competitions, beginning with the “’98 Art Paralympic Nagano.” Her design was commercialized in the Tokyo megapolis and she continues to vigorously expand her activities.

Nagao, Sayuri ()

EXHIBITION MUSEUM

開催会場の情報

辰野美術館

辰野美術館

南信エリア

住所
〒399-0425
長野県上伊那郡辰野町樋口2407-1
電話番号
0266-43-0753
開館時間
9:00~17:00
閉館日
月曜(祝日除く)・祝日の翌日、冬期休

「シンビズム2 -信州ミュージアム・ネットワークが選んだ20人の作家たち-」会期中は開館時間、閉館日が通常と異なっております