ARTISTS

参加アーティスト詳細

決 意

NAKAMURA Mamiko

北信

中村 眞美子

版画

WORKS & COMMENT

作品&コメント

《ユキノハナ・1》2017年

《ユキノハナ・1》2017年

Read in English Text

The sunlight is so glaring that I almost feel a pain in my eyes, and the green leaves of the trees are swinging in the wind.
Or, in a blizzard, the lifeless grass is buried under the snow.

Such ordinary landscapes are seen repeatedly in the town where I was born and raised, and they still surprise me every time I see them.

I think “beauty” exists just beside me, not somewhere in the distance.

I wish to look at the landscapes which once seemed ordinary to me freshly, with my eyes wide open, and embody those moments of transformation in my prints.
《ユキノカゼ・8》2017年

《ユキノカゼ・8》2017年

《ユキノカゼ・20》2017年

《ユキノカゼ・20》2017年

《窓辺―ニラの実》2018年

《窓辺―ニラの実》2018年

《窓辺―ノイバラの実》2018年

《窓辺―ノイバラの実》2018年

Profile

プロフィール

中村 眞美子

中村 眞美子NAKAMURA Mamiko

版画

1972
長野県上水内郡信濃町生まれ
1993
長野美術専門学校造形学科デザインコース卒業
2003
版画家・故山下孝子氏に師事、版画を始める
2008
画文集『ゆりかご』(桜華書林、言葉/ごとうなみ)刊

AWARD

おもな受賞歴

2005
第4回武井武雄記念日本童画大賞奨励賞
2007
第5回武井武雄記念日本童画大賞優秀賞
2010
第7回大野城まどかぴあ版画ビエンナーレ展入選

RELEASE

おもな作品発表歴

2008
第5回武井武雄記念日本童画大賞受賞者三人展 (イルフ童画館/岡谷市)、N-ART展 (ガレリア表参道/長野市)
2009
個展「線の続く方へ」(桜華書林/長野市)、個展「声のかわりに」(酢重ギャラリー/軽井沢町)
2010
個展「わたくしごと」(朝陽館ギャラリー蔵/長野市)
2011
女性版画家三人展(ガレリア表参道)
2012
「ネクスト:信州新世代のアーティスト展2011」(ホクト文化ホール/長野市)
2013
「中村眞美子版画展 草の風景・秋から冬へ」(ホクト文化ホール)
2014
アートde NEW YEAR展(ガレリア表参道)、信濃毎日新聞コラム栁澤寿男「心をつなぐタクトの調べ」挿画(4月〜1年間)、個展「草の風景小品集」(酢重ギャラリー)
2015
そこにあるもの−モノクロームの魅力−展 (小海町高原美術館/小海町)、「中村眞美子ドライポイント作品展 草の風景・秋から冬へ2」(ホクト文化ホール)
2016
植物園展(心の花美術館/上田市)、個展「草の風景 秋から冬へ2012-2015」(ギャラリーノイエ/松本市)、個展「冬の草」(酢重ギャラリー)、個展「草の風景 冬」(秀友画廊/東京都、銀座)
2017
「中村眞美子版画展 冬の草の風景」(ホクト文化ホール)
2018
個展「冬の草の風景」(ギャラリーノイエ/松本市)、個展「窓辺より」(酢重ギャラリー)

COMMENTARY

学芸員の解説

Read in English Text

Determination

There are dead plants and trees in a snow-covered field.
This is a familiar sight to the eye of NAKAMURA, who is originally from Shinano-machi, a town known for its heavy snowfall. Casually looking out the window while driving, those plants and trees created a silhouette and this image is rendered in her prints.
The personality of NAKAMURA is reflected in her art and writings. She is quiet and modest. Am I right?
No. Her consistent creative activities tell us she has a burning passion and enthusiasm for art deep within her. Without her strong will, she could not have accomplished what she did.
A press machine given to her, which now sits in her new studio, is proof of her determination to pursue further challenges.

Miyashita, Mami (THE OBUSE MUSEUM, The Nakajima Chinami Gallery)

EXHIBITION MUSEUM

開催会場の情報

須坂版画美術館

須坂版画美術館

北信エリア

住所
〒382-0031
長野県須坂市大字野辺1386-8 (須坂アートパーク内)
電話番号
026-248-6633
開館時間
9:00~17:00
閉館日
水曜休(祝日除く)

「シンビズム2 -信州ミュージアム・ネットワークが選んだ20人の作家たち-」会期中は開館時間、閉館日が通常と異なっております